ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

活動内容

第2回富士登山

 8月17日、世田谷教会の青年を中心とした14人が富士山を登山しました。中には50代の婦人、40後半の壮年も含まれていました。昨年の8月にも富士登山しましたが、そのときはなかなかペースがつかめず、子供を含めた5人が10合目まで行くことができませんでした。今回は全員10合目までいけるようペース配分を意識しながら登ろうと決意しました。
 7月16日午前4:30に五合目の駐車場を出発しました。その頃はまだ暗かったのですが、しばらく歩いていると、美しい日の出を拝むことができました。
  

 8合目までは、多少の隊列の乱れはあったものの、一緒に登っていくことができました。8合目までは、まだ皆元気でした。
 

 しかし、8合目を超えると、年齢の高いメンバーを中心として急に呼吸が辛くなり、わざと大げさに呼吸をして整えていきました。次第に隊列が乱れ、完全にそれぞれのペースで登っていきました。若いメンバーはほとんど高山病の症状もなく元気に登りましたが、高齢層は10メートルぐらい歩いては、深呼吸しながら休憩をするという有様でした。次第に頭痛がしてきて、高山病の症状が出てきました。
 遅組のメンバー5人は頭痛と呼吸困難の中でも、お互いに声を掛け合いながら、ゆっくりと一緒に登っていきました。そしていよいよ10合目に到達しました。14名全員勝利!! 時間は既に午後1時になっていました。
 

若いメンバーを中心とする早組は、遅組5人が10合目に着いた頃には、10合目を更に登った最頂上の剣ヶ峰までたどり着いていました。
 

遅組が10合目でぐったりしている間に、早組は剣ヶ峰から下山してきました。なかなか高山病の症状が抜けないメンバーは大変でした。さぁ、いよいよ下山。早組は猛スピードで下山していきました。しかし遅組は、膝や腰の痛みが出てきてスムーズに下山することができません。
 

早組は午後4:30には5合目まで下山しましたが、遅組が5合目に到着したのは既に午後6時のことでした。
 

何とか全員、怪我や事故をすることもなく、帰ってくることができました。とにかく全員が10合目まで登り切ることができたことが、何よりも感謝でした。