ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

活動内容

世田谷教会圓母平愛ツアー

 9月17日〜20日の3泊4日、世田谷教会の聖地巡礼ツアーが行われました。このツアーは清平の修練会に参加するだけではなく、お父様の足跡を辿る聖地巡礼ツアーとして企画されました。28名が参加しました。仁川空港に午前8時半ぐらいには到着するという早さの中、早速、出迎えたバスに乗りましたが、28人乗りの大変乗り心地の良いバスで、皆さん大変大満足でした。最初に龍文寺というところにより、清平の修練会に参加しました。

   

 18日の午後は、天正宮を訪問し、すぐ近くのヘリコプター事故現場に行って祈祷を捧げました。その後、修練所に戻り、清平湖でボートに乗りました。ボートから見る清平湖周辺は大変景観がよく、皆大変復興していました。その夜はサムギョップサルという焼き肉を食べ、心も体も満たされた一日となりまし。
 
   

 19日は甲寺(カプサ)という寺を訪問しました。この寺は西川先生が文鮮明先生から名を受けて、日本宣教に出発を決意した場所です。西川先生も命がけの決意で宣教に出発したのですが、文鮮明先生も40日の断食の条件を立てられた地でもあるのです。文先生が実際に泊まられた部屋のまでしばらく祈祷を捧げました。
 その後、クムサンという高麗人参で有名な市場に行きました。ちょうど人参エキスポが開催されているときで、大変な賑わいでした。ここで、有名なサムゲタンという料理を腹一杯に食べました。そのご、人参市場を通って、生の高麗人参の天ぷらも食べることができました。意外に、サツマイモのようなほくほくとした食感で、食べたら体がカーッと温かくなりました。

 20日は朝早くから西大門刑務所を訪問しました。文鮮明先生が無実の罪で投獄されたところであり、文先生がお生まれになる前に、3・1独立運動の中心的な活動家であった柳寛順烈士が収監された場所でもあります。その後、旧本部教会に行き、お父様の部屋や後子女様の部屋などを見学させていただき、祈祷を捧げていきました。

   

 3泊4日という期間ではありましたが、あっという間に時間が過ぎ、霊的にも肉的にも大変満たされたツアーとなりました。