ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

教会ニュース

清平役事17周年記念特別大役事

天運天福があふれた特別大役事
 天運天福があふれた「清平役事17周年記念特別大役事」が1月13日から15日まで、韓国、天宙清平修錬苑において天地人真の父母様の祝福と興進様・大母様の愛の中で、60か国、延べ2万1000人余りの教会員が参加する中、開催されました。
 大母様によって4400億絶対善霊の誕生が伝えられ、出発祈祷会から始まり、1日3回行われた特別霊分立、全世界食口伝道大会授賞式、金榮輝会長の特別講義、1〜210代追加先祖解怨式および先祖祝福式、聖物抽選イベント、清心平和ワールドセンター巡礼など、多彩な行事が清平聖地で行われました。最終日の勝利感謝祈祷会では、今回は特に堕落性を脱ぐための大役事であったことを大母様が伝えられました。また、最終日の午後は、「韓半島統一と世界平和のための天地人真の父母国民支持大会」のフィナーレを飾るソウル大会に参加するために急遽バスが準備され、真の父母様と共に摂理の現場に参加できる大きな恩恵もありました。

■清心平和ワールドセンターを巡礼
 清心平和ワールドセンター巡礼が「清平役事17周年記念特別大役事」(以下、「大役事」)の3日間にわたって行われました。
 清心平和ワールドセンターは天心湖(清平湖)のほとりに位置し、地下3階、地上4階から成る最大2万5000人が収容可能な韓国内最大の室内体育館で、2008年10月28日に真の父母様をお迎えして起工式が行われました。
 清心平和ワールドセンターに到着した食口たちは、入り口で映像を見てから、スタッフの案内に従い巡礼を行いました。日本食口たちのために日本語のガイドも準備されました。
 今後、清心平和ワールドセンターは、天一国基元節の行事をはじめとして、祝福式、世界VIPの集会、平和大使の教育、真の父母様の生涯路程教育の場として活用され、この他にもコンサート、ミュージカル、フェスティバル、展示場、スポーツ競技場など、多様な用途に使われる予定です。第53回真の父母の日(陽暦2012年3月22日)に真の父母様をお迎えして挙行される奉献式では、真の父母様の生涯路程をモチーフにしたミュージカル「栄光の王冠」の舞台公演も行われます。

■全世界食口伝道大会授賞式
 伝道大会授賞式は清平役事17周年を記念し、一心・一体・一念の姿勢で情熱と責任を尽くして伝道活動を行った教会と個人に興進様・大母様が賞を下さるもので、天宙清平修錬苑と各国本部の厳格な基準のもと、受賞者が選抜されました。
 教会部門は最優秀賞に選ばれた北長野教区・長野教会をはじめ、和歌山教区・和歌山教会が優秀賞を授賞し、南東京教区・渋谷教会と北東京教区・足立青年部がそれぞれ奨励賞と努力賞を受ける栄誉に輝きました。
 最優秀賞を授賞した北長野教区・長野教会の「康錫教区長は、「伝道スタッフの教育に力を注いでいます。質の高い教育を受けることで、自信をもって伝道ができていることが良い結果につながったのではないでしょうか。また、祈願書を通して、多くの恩恵を受けています」と感想を述べました。長野教会は昨年一年で64人を伝道し、また、伝道された全員が先祖解怨を行うことで、さらに大きな実績を天に捧げました。
 13人を伝道して個人部門の最優秀賞に輝いた杉野富美枝さんは、「伝道していても苦しいというよりは、楽しく感じました。母親や夫をはじめとして氏族を中心に伝道を行い、その後は知人を伝道してきたので、一緒に勉強しているような感覚で楽しく伝道できたのだと思います。先祖解怨をしながら、絶対善霊が協助してくれていることを実感しました」と感謝の思いを述べました。
 基元節に向けて、摂理の最前線で歩まれる真の父母様の切実な心情を相続し、「月一人伝道」の責任を果たすという固い決意と伝道の天運が炎のように燃え上がる伝道大会授賞式となりました。

■1〜210代先祖祝福式挙行
 最終日の午前9時からは、天城旺臨宮殿で1〜210代先祖祝福式が行われました。興進様・大母様をお迎えして挙行された先祖祝福式の主礼の石俊B・韓国会長は祝辞で、氏族的メシヤ活動と先祖解怨および先祖祝福の重要性を強調しながら、祝辞を次のように述べました。
 「基元節まで404日となりました。真の父母様は、私たちが死生決断・全力投球で氏族的メシヤの責任を全うするよう強調されています。氏族的メシヤの使命とは、氏族を救うメシヤとしての使命です。
 訓読会をまず家庭に定着させたのち、訓読教材教本を活用しながら隣人や知人、アベル圏とカイン圏の氏族を教育・伝道し、祝福に導くことが私たちの使命です。そのような私たちの責任と使命を後押しするために下さった愛の武器が、まさに自叙伝であり、霊界を総動員することのできる先祖解怨・先祖祝福の恩恵なのです。真の父母様は210代までの先祖解怨と先祖祝福の恩恵を下さいました。私たちは霊界からの協助を受けながら、氏族的メシヤの使命を果たしていかなければなりません」