ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

礼拝説教

3月4日 礼拝説教

訓読:天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会
 実体的天一国時代が広がれば、この地に"霊連世協会"が中心軸の位置に立って、はじめて万有を治めるようになるでしょう。霊界と肉界を連結して実体的な統一を完成し、天理と天道によって摂理を経綸するようになるという意味です。この地で世俗的な次元の選挙をこれ以上見る必要はなくなり、交替祝福結婚を通して人類は一つの家族となり、太平聖代を享受しながら平和と幸福の真の愛を享受するようになるでしょう。そのような日が、もう私たちの目の前に迫ってきているのです。
 その日の準備の一環として、私は去る二月十四日に"天暦"の出発を満天下に宣布しました。既存の陽歴と陰歴は、今やカインとアベルの立場に立ち、新たに摂理を記録して明示する"天暦"を補助する役割をするようになるでしょう。
 今から皆様は、真の父母様の教えを骨に刻みつけて実践する人生を生きなければなりません。選択の余地がありません。今から準備しなければ、間違いなく落伍者になるからです。七千メートルを超えるヒマラヤ山脈を往来し、越冬する鶴(アネハヅル)の勇気と気概を私たちも学ばなければなりません。

題目:「未来を準備する者たち」
平和を愛する世界人という自叙伝を通して、今まで見た来た統一教会と違うという事を感じてきている人も多くなっていると思います。私たちは中にいるので、よく分からないかもしれません。世の中を変えるということを考えてみると、ひとつの理念を持って一体化することによってなされると思います。宗教がそのような役割を果たしてきたといえると思います。統一教会に入って20年、30年経ってみて、統一教会の素晴らしさを感じる食口も多いと思いますが、信仰歴が経てば経つほど、御父母様と私たちに差が生じていないでしょうか。今のお父様の姿は、今の私とどれだけ差があるでしょうか。
先輩家庭の中には、30年前にお父様と膝を交えながら話し祈りをした方もいます。しかし、この世の中の人々がお父様の本当の価値を知ったとき、どうでしょうか。私たちは自分なりに頑張ってきたとしても、お父様の行かれる道とどれだけ距離があるでしょうか。私たちはなぜこの道を選んだのでしょうか。しかし、自分の生活の次元で精一杯の自分を見つけることがないでしょうか。もう一度この時間、自分の姿を見つめながら考える時間にしたいと思います。
今まで誰も達成する事のできなかった事とは何でしょうか。それは永遠なる平和の世界です。歴史上、多くの人がそれを成そうとしましたが、できませんでした。なぜでしょうか。それは人間的な発想から出発したからです。神様がメシヤが摂理を成されるという事を知らなければなりません。しかし2000年前、イエス様は十字架にかかりました。そして今、再臨主が地上に来られています。この時代に生まれた私たちは、どれほど素晴らしい事でしょうか。お父様はユニバーサルバレエ、リトルエンジェルスを作られたとき、周りは全く理解ができませんでした。お父様は韓国がバレエのメッカになるといわれました。そして20年後、世界の優秀なダンサーの半数が韓国人になったのです。私たちはただ単に統一教会という枠の中で考えがちになります。
夢を持つ事が大切です。生活の次元での夢に埋没しがちになっていないでしょうか。この道は、世の中で誰も探す事のできない、神様の道です。それを果たすために集まった団体です。今からでも、今年の夢を書き直して出発しましょう。戦争をなくすためにはどうしたらよいでしょうか。全ての国のトップがいなくなってしまえば簡単ですね。しかし、お父様はその国のトップの心が変わることを願います。
今日一日が、今週一週間がどれほど大切な時間でしょうか。夢を果たしていけるよう今週一週間となるよう決意していきましょう。