ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

教会ニュース

2010秋季清平特別大役事

 「家族和合、心情統一、万物祝福」の恩恵が満ちあふれた「2010秋季清平特別大役事」(以下「秋季大役事」)が、10月22日から24日まで、真の父母様と興進様・大母様の愛と祝福とともに、世界61か国から延べ2万5000人余りの食口たちが参加する中、天宙清平修錬苑で挙行されました。
 紅葉が美しい清平聖地で挙行された秋季大役事は、万物の樹祈祷会、統一運動会、所願成就祈祷会、役事、天正宮博物館および清心平和ワールドセンター巡礼など、多彩なプログラムが行われ、真の父母様の天運を相続し、家族の大切さを感じることができた祝祭でもありました。
 秋季大役事に先立ち、10月16日、真の父母様が万物の樹に来られて「今回の大役事は天の驚くべき祝福がある」と語られながら、秋季大役事を祝福してくださいました。
 また、大母様は2日目(10月23日)のメッセージの中で、「今まで4000億絶対善霊が協助してきましたが、きょうから4200億の絶対善霊が協助するようになりました」と宣布され、今回の秋季大役事の恩恵について語られました。美しい紅葉の中、家族の大切さを再確認することができた秋季大役事をリポートします。

●万物の樹祈祷会および特別聖燭伝授
 「2010秋季清平特別大役事」の最も大きい恩恵の一つである「万物の樹祈祷会」が23日夜、大母様をお迎えし、万物の樹で行われました。
 万物の樹祈祷会は、興進様・大母様が経済的な問題により苦しんでいる食口たちのために万物祝福の恩恵があるように、特別に精誠を尽くしてくださる恩恵です。
 4200億の絶対善霊が共に役事する中で行われた万物の樹祈祷会は、清平役事において初めて行われるものでした。数多くの食口たちが家族と共に、誠を込めて準備した聖燭を持って、万物の樹へと登っていきました。
 牧会者を代表して報告祈祷を捧げた宋榮錫・全国祝福家庭総連合会総会長は「万物を創造された神様にいつも感謝しなければなりません。自己中心的な考えを捨て、感謝する生活をしてこそ、万物祝福を受けることができるのです」と祈りました。
 続いて、大母様が特別聖燭を伝授されました。統一家を代表して、50人の日本の公職者が大母様から聖燭の伝授を受けたのち、聖燭は参加者全員に伝授されました。伝授されていく聖燭の明かりは、万物の樹から愛の樹まで連なり、秋の夜の闇の中に、幻想的な光の海を浮かび上がらせました。
 最後の一人まで聖燭伝授が終わると、天運天福の道を開いてくださった天地人真の父母様と興進様・大母様に感謝する、痛哭の祈祷が始まり、万物の樹祈祷会の雰囲気は絶頂に達しました。そして、感謝の思いを込めた億万歳四唱とともに、万物の樹祈祷会が幕を降ろしました。

●恩恵深い所願成就祈祷会
 所願成就祈祷会が、「学業・就職」、「病気治癒」、「家族・祝福」という三つのテーマで3日間にわたって、興進様・大母様の精誠が込められた情心苑で開かれました。所願成就祈祷会は、食口たちの切実な願いが書かれた所願成就書(祈願書)を天に奉献し、所願(願い)が成就するようにする恩恵深い祈祷会です。
 真のお母様が下さったクリスタルランプが、情心苑内部全体を温かい光で包み込み、より一層恩恵深い祈祷会となりました。このクリスタルランプは、去る5 月29日、真のお母様が、「清平特別修錬会第1000回大役事および第5回天運相続つつじ浄火祭」(4.30〜5.2)を成功裏に導かれた興進様・大母様、霊界の真の子女様方、そして全世界の食口に感謝の気持ちを伝えようと、プレゼントしてくださったものです。    情心苑を埋め尽くした食口たちは、今回の秋季大役事のテーマである家族和合、心情統一、万物祝福の恩恵により、家族全員が真の父母様の天運を相続し、幸福な家庭を築くことを神様に涙で祈りました。
   
●「清平役事16周年記念大役事」に向かって
 紅葉で美しく染まった清平聖地で挙行された「2010秋季清平特別大役事」は、美しい紅葉の思い出と深い感動を残して幕を下ろしました。
 特に、清平役事で初めて行われた万物の樹祈祷会と統一運動会は、「家族和合、心情統一、万物祝福」の天運を相続することができた恩恵でした。さらに秋季大役事に合わせて、リニューアルされた天城旺臨宮殿で行われた役事は、食口たちの感動を増しました。
 来る「清平役事16周年記念特別大役事」(2011年1月21〜23日)にはさらに多くの食口たちが、真の父母様の天運・天福を相続し、幸福な家庭を築けるように、興進様・大母様はさらなる精誠を尽くしていらっしゃいます。

 
大母様をお迎えして行われた万物の樹祈祷会
(10月23日、韓国、天宙清平修錬苑)