ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

教会ニュース

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会(ワシントン・ニューヨーク大会)

真の父母様が基調講演
2013年1月13日の起源節までに果たすべき使命を指示

 天基元年天暦10月17日(陽暦11月22日)、「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のワシントン・ニューヨーク大会(主催・UPF)が、ニューヨークのマンハッタンセンターで開催され、世界194か国の代表者や政治・宗教指導者ら3000人以上が参席する中、天地人真の父母様が基調講演されました。
 この大会はワシントン・ニューヨーク大会、ラスベガス・フーバーダム大会(同27日)、韓国・ソウル大会(12月4日)と3次にわたって開催されます。大会には、(1)天基元年を決算しながら神様解放圏時代を宣言する、(2)天地人真の父母定着の勝利圏を氏族的メシヤたちが相続を受け、神様解放圏を宗族圏に安着させる、(3)カイン圏とアベル圏が一つになり、神様と真の父母様を安息圏にお迎えできるようにする――という意義が込められています。
■天宙平和の時代:神の摂理とアベルUN
 ワシントン・ニューヨーク大会は「ワールド・アセンブリー2010―天宙平和の時代:神の摂理とアベルUN」というタイトルのもと、午後7時に開会しました。超宗教的行事の象徴として、キリスト教、イスラーム(イスラム教)、ユダヤ教、仏教など7つの宗教の代表者が祈祷を捧げたのち、北米大陸総会長の文仁進様が歓迎の挨拶をされました。
 来賓の挨拶では、アンワルル・チョードリー元国連事務次長が、「190か国以上の代表者が参加し、主要宗教の指導者から支援を受けているこの集会は、まさに国連がどうあるべきかのモデルです。UPFはすべての人が自由、調和、協力、繁栄の中で生きることのできる平和文化建設のために尽力しています」と、UPFのビジョンや活動を称賛しました。
 21か国と1機構で構成するアラブ連盟のフセイン・ハスーナ駐米大使は、UPFがイスラエルとパレスチナの和解を促進する「中東平和イニシアチブ(MEPI)」を展開していることを高く評価。また、「文先生が家庭を愛の学校、平和の礎石と位置づけ、家庭の強化を重視されていることに勇気づけられています」と語りました。
 米ジョージア州の女性上院議員、ドンゼラ・ジェームズ氏は、「カトリック教徒として、私は夫と共に真の父母様の祝福を受けました。私たちの夫婦関係はますます発展しています」と、自らの体験を踏まえながら祝福の価値を証しました。その上で、「文先生御夫妻こそ生きた真の父母であり、平和の王・王妃です」と強調しました。
■摂理の最終的な完成・完結・完了を宣布
 この後、「Lovin Life Ministries Band」によるパフォーマンスを挟んで、UPF世界会長の文亨進様が登壇し、真の父母様の紹介をされました。
 文亨進様は「私は長年、メシヤという言葉の意味や私の父の使命を理解しようと苦心してきました。メシヤとは、神様の前に再び立ち帰りたいという人類の希望と真の愛を相続させたいという、神様の本然的理想を成就する人物なのです」と、真の父母様の価値を強調されました。また、真のお母様についても、「1960年以降、お父様と一つとなるために、神様に対する絶対信仰、絶対愛、絶対服従で歩んでこられました」と証されました。
 真のお父様は午後8時過ぎに登壇され、約1時間半にわたって基調講演されました。真のお父様は今回、7月8日(陽暦)に韓国の天正宮博物館で語られた講演文「天地人真の父母定着実体み言宣布大会」に、6項目の特別指示事項など極めて重要な内容を付け加えた講演文を読み上げられました。
 真のお父様は特別指示事項の中で、「天地人真の父母定着実体み言宣布大会であるワシントン・ニューヨーク大会とラスベガス・フーバーダム大会、そして神様の祖国と故郷になる韓国・ソウル大会は、摂理の最終的な完成・完結・完了を意味する真の父母様の宣布内容です。この使命は、真の父母様が決定した2年1か月余りを残す、D-dayまでに完了しなければなりません」と強調されるなど、2013年1月13日の起源節までに果たさなければならない使命を指示されました。
 また、「今の時は神様が摂理を完結させて、最終段階の収穫をする時です」と語られ、その具体的な摂理の進展事例として、(1)ソロモン諸島の首相が真の父母様を訪ねてきた、(2)ネパールでは原理本体論講義を国営放送局を通じて全国民に教育している――ことなどを紹介されました。さらに、ワシントン・タイムズ紙を取り戻したことについて、「これが奇跡でなくて何が奇跡というのでしょうか」と語られるとともに、「ワシントン・タイムズ理事会を中心とした連合体制で、神様の祖国と故郷のみ旨を繰り広げ、神様主権の国を保護していくのです」と、同紙の重要性を強調されました。
 講演終了後、真の父母様は銅鑼(どら)を勢いよく打ち鳴らされ、大会は歴史的勝利を収めて幕を閉じました。