ホーム 教会紹介 地域紹介 活動紹介 お知らせ お問い合わせ 全国の教会

教会ニュース

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会(韓国大会)

復帰摂理終結と完成宣布のための世界巡回を出発

 天基2年天暦3月22日(陽暦4月24日)午前11時より、韓国、仁川広域市の松島コンベンシアでは、教会員および平和大使ら約1万2000人が集まる中、天地人真の父母様の世界巡回路程の最初の出発大会として、「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」の韓国大会が開催されました。この日、お父様は2時間近くみ言を語られ、全ての人が宣布されたみ言どおりに実践して生きることを願われました。

■「真の父母様の価値を理解してください」
 石俊B・韓国会長の司会によって始まった大会は、最初に天一国の歌斉唱と、宋榮錫・全国祝福家庭総連合会総会長による報告祈祷に続いて、4人の全世界宗教代表による祝祷の時間となりました。
 祝辞に立った金基信・仁川市議会議長は、最初に、「少し前に、北朝鮮による天安艦事件と延坪島爆撃事件が、正にここ仁川で勃発してしまいました。私たちが文鮮明総裁のように平和のためにみな一緒に努力していたなら、きっとこのような多くの犠牲者を出す葛藤の根は絶えていたことでしょう」と述べ、さらに「総裁御夫妻は2003年に、3500余りの団体によって構成された世界NGO連合から万国平和賞を受賞され、2006年には世界指導者から天宙平和の王として推戴されたと存じています。もっと驚くべきことは、文総裁が92歳の御高齢にもかかわらず、世界平和のメッセージを伝播するために、この韓国大会を皮切りに世界巡回の壮途に就かれるという事実です。南北の境界であり、環太平洋海洋時代の一つの軸を担当する、ここ仁川の松島から、文総裁御夫妻が世界巡回に出発されることを、仁川と大韓民国に下りた天の祝福と思い、感謝を申し上げます」と語りました。
 文國進理事長の祝辞に続き、文亨進世界会長が歓迎の辞と創始者紹介を行われ、「真の父母様は苦痛と拷問、投獄、蔑視と辱めを受けられながらも、私たちの罪を代わりに背負われて、私たちが神様の前で赦しを受けるための道を開拓されました。私たちが神様の前に息子、娘として立つための代価を払わなければならなかった、苦痛と投獄の苦難を、父母様は代わりに受けて越えられました。これがキリスト、真の父母として歩まなければならない道でした」と語られ、「きょうの行事を通して、ここにいらっしゃる一人一人が、真の父母様の価値を理解するために、最善を尽くしてくださることをお願いします」と強調されました。

■結論は神様の息子、娘になること
 割れんばかりの拍手で、会場に真の父母様をお迎えし、花束と敬礼をお捧げしました。お父様は御自身を紹介した文亨進世界会長について言及しつつ、この日のみ言の結論を以下のように要約されました。
 「私の息子、亨進は賢い人です。私が言いたいことを全て語りました。それなら、息子が優秀なのですか、ここに立ったお祖父さんのような父親が優秀なのですか。それなら神様は、文総裁とどんな関係があるのか。答えは簡単です。
 神様がいると知ったら、神様の息子、娘になりたいか、弟子になりたいかということなのです。息子、娘になりたいというなら、皆さんは息子、娘がどんな姿をしているのか、知っているのですか。神様の息子、娘になるにはどうしたらいいのか。息子、娘というのは、父母が一緒なのです。父母が持つ精子と卵子が一つになって、調和して喜びながら生まれたのが、息子、娘なのです。答えは簡単です。神様の息子、娘となってみようということです!」

■復帰摂理終結のための世界巡回
 続けて、お父様は「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」の講演文を読み始められ、最初に以下のように読まれました。
 「皆さん、私がきょう、皆さんに宣布するみ言は、真の父母の生涯において、全ての復帰摂理歴史の最終終結と完成を宣布するための、今回の世界巡回路程であるということを知らなければなりません。真の父母様が歩まれた道は、歴史的標本となる伝統であるため、その道を皆さんの生涯でも見習って歩まなければならないのであり、真の父母様が完成されたみ旨を相続して完結させることを、盟誓し実践する家庭となることを宣布するのです」
 その後、お父様は、講演原稿に解説を加えられながら、全ての内容を力強く宣布されました。講演後、お父様は参加者に対して以下のように語られました。
 「この日のみ言だけで万事亨通です! 一度そのようにしてみたい人は、立ち上がって拍手で歓迎してください。宗教が問題ではありません! 人が問題ではありません! 真の父母のみ言が事実かそうでないかが問題なのです! 結論は簡単です」
 続いて、黄善祚会長の音頭で億万歳三唱を唱え、テープと紙ふぶきが舞う中、父母様に敬礼をお捧げし、世界巡回に出発される父母様に「真の父母様、行ってらっしゃい!」の言葉をお送りして、この日の行事は終了しました。なお、真の父母様は翌朝、天正宮博物館において祝勝会兼訓読会をされ、その後、25日間の世界巡回に出発されました。

 
「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」で力強くみ言を宣布される真のお父様(天暦3月22日<陽暦4/24>、韓国、仁川広域市)